コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

The Beatles

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード The Long And Winding Road/ The Beatles

ポール作の名曲。ダイアトニックコード主体で、4度進行が多い曲ですね。ポールによると「自分にはどうやっても手の届かないものについての曲だよ。決して辿りつけない扉、そして終わることのない道について」とのこと。1969年1月に録音したものを土台に編曲…

ワン・アフター・909 One After 909/ The Beatles

ジョンとポールの共作で、主にジョンが作ったとされる曲。デビュー前(1960年)の作曲だけあって、コード進行は、スリーコード主体のロックンロールですが、イントロもサビもあるし、IIも出てきます。1969年アップルビルの屋上で録音。Let it Be(1970)に収録。…

アイヴ・ガッタ・フィーリング I've Got A Feeling/ The Beatles

ジョンとポールの別の曲を合体させて作った曲。1969年1月アップルビル屋上で演奏。Let it Be(1970)に収録。Key: A Intro: 1 4/1 1 4/1, repeat 4/1 = 1 (4th, 6th) = 4 on 5thVerse: 1 4/1 1 4/1, repeat(4×) 1(7th) % (5 7b) 4, 1 4 1 4,Bridge: 5 % 7b %, …

レット・イット・ビー Let It Be/ The Beatles

ポール作の名曲。こういう曲らしく、ダイアトニックコード主体ですが、V-IV-Iが繰り返し出てくるのが特徴的です。V-IVとIV-Iに分けて考えると、V→IVは禁則と呼ばれる進行。IV-Iは、変終止(アーメン終止)と呼ぶそうですが、完全終止(V-I)に比べると終止感が…

ディグ・イット Dig It/ The Beatles

作曲は4人名義の即興の曲。コード進行は、I - IV - V - IVの繰り返し。1969年1月に録音。Let it Be(1970)に収録。Dig It - The Beatles - Cifra ClubAlan W. Pollack's Notes on "Dig It"Dig It – The Beatles | Goldmine1969.com真実のビートルズ・サウンド…

ディグ・ア・ポニー Dig A Pony/ The Beatles

ジョンの曲。3拍子のロックンロール。コード進行みると、VIIb - IV - I, VIIb - VIIm7(b5) - I, I - VIm - IIm - VIIb, IIm - VIIb - V, と、VIIbを上手に使っています。 また、歌詞は、聞き手に意味を想像させます。1969年1月、アップルビル屋上で録音。Let…

アクロス・ザ・ユニバース Across The Universe / The Beatles

ジョンの曲。不思議な曲調ですので、変わったコードが使われているのかと思っていましたが、実際には、IVm以外は、ダイアトニックコードでした。IntroのI - IIIm - V, VerseのI - VIm - IIIm - IIm - Vと、IIImがいい味を出している気がしました。それと、V…

トゥ・オブ・アス Two Of Us / The Beatles

ポールの曲。ポールのアコギのイントロが素敵です。Aメロは、ダイアトニックコード(1245)のみですが、V→IVが繰り返し出てきたり、変拍子で、拍子がコロコロ変わっています。Bridgeで、同主調短調へ転調しているようです。ポールとリンダがドライブをしていた…

イッツ・オール・トゥ・マッチ It's All Too Much/ The Beatles

ジョージのハードロックぽい曲。ベース音がずっとGで、コードもCとGを行ったり来たりとのことです。録音は1967年。Yellow Submarine(1969)に収録。Alan W. Pollack's Notes on "It's All Too Much"www.terrax.site真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧…

ヘイ・ブルドッグ Hey Bulldog/ The Beatles

ジョンの曲。イントロのリフがカッコいい曲。コード進行は、メジャーでありながら、verseで、Vm, VIIbを使用し、Refrainで、同主調短調へ転調。録音は1968年2月。Yellow Submarine(1969)に収録。Key: B - BmIntro リフverse: 1 5m 1 5m, (7b 5m) 4 (7b 5m) 1…

オール・トゥゲザー・ナウ All Together Now/ The Beatles

ポールの曲。タイトルは、「それでは皆さん御一緒に」の意味で、子供向けに作った曲で、I, IV, Vの3コードのみ。Yellow Submarine(1969)に収録。 Key:G Verse 1 1 5 5, 1 (1 5) (5 1) 1,Bridge 4 4 1 1, 4 4 5 5 5 5,Refrain 1 1 1 1, 5 5 1 1,Outro 1 1 1 1…

イエロー・サブマリン Yellow Submarine/ The Beatles

主にポールが作った曲。子供むけだけあって、ダイアトニックコードで構成。「リボルバー(1966年)」、Yellow Submarine(1969)に収録。注)ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略しています。 verse 1 (5 4) (1 6) 2 (5 1), repeat Refrain 1 5 5 1, repeat…

グッド・ナイト Good Night/ The Beatles

ジョンが、当時5歳だった息子ジュリアンの子守唄にと作った曲とのこと。歌はリンゴ。ハリウッド映画のようなオーケストラ、少年少女の合唱が入っているが、ジョン、ポール、ジョージは録音には不参加。「White Album(1968年)」に収録。注)ダイアトニック・…

クライ・ベイビー・クライ Cry Baby Cry/ The Beatles

ジョンの曲。「赤ちゃん、泣きなさい。お母さんに買ってもらうのよ。」という広告の言葉にヒントを得て、童謡風の歌を作ったとのこと。コード進行みると、いつものVIIbとIIがでてきますが、I IIm VIIb I の後、少し変化させて、2回目は、VIm II VIIb Iと進…

ハニー・パイ Honey Pie/ The Beatles

1920年代のジャズのようなポールの曲。VIm-IIm-V7-Iではなく、VI7 - II7 - V7 - I とメジャーコードの連鎖になってます。これは、Your Mother Shold Knowでも出てきたコード進行ですが、初期のJAZZで使われる進行のようです。もう一つ、VI7の前や、V7の前に…

ロング・ロング・ロング Long, Long, Long/ The Beatles

ジョージの曲。 「White Album(1968年)」に収録Long Long Long - The Beatles - Cifra ClubAlan W. Pollack's Notes on "Long, Long, Long"Long Long Long – The Beatles | Goldmine1969.com和訳: 歌詞 | 【和訳】Long Long Long/ロング・ロング・ロング(Th…

ヘルター・スケルター Helter Skelter/ The Beatles

ハードロックの最初の曲とかハードロックの起源とも言われるほどヘビーな曲。Back In The U.S.S.Rでも出てきた、1-3b-4-1というコード進行が使われてます。また、イントロは、1-4-6b-3b-1。エアロスミス、モトリー・クルー、ボン・ジョビ等、あらゆるハード…

セクシー・セディー Sexy Sadie/ The Beatles

ジョンの曲。IからVII(し、みb、そb)への進むコード進行が、繰り返し出てきますが、VIIの後は、VIIb, IIIm, IVだったりで、ワンパターンでもありません。ホワイトアルバムは、VIIがこれで3回目です。信用していた人についての悪い噂を信じてしまい、裏切ら…

エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー Everybody's Got Something To Hide Except For Me And My Monkey/ The Beatles

ジョンの曲。3コード以外では、7bと3bが使われています。ミー・アンド・マイ・モンキーとは、ジョンとヨーコのこと。漫画でヨーコのことを、ジョンにしがみつく猿として書かれたことに、怒って作ったとのことです。おいでよ、気軽にやろうよ(Come on and ta…

マザー・ネイチャーズ・サン Mother Nature's Son/ The Beatles

ポールの美しい弾き語り曲。理想郷を歌った曲だそうです。コード進行は、IのままRootを6th-5th-5b-9thとしたり、topを5th-4th-9th-3rdとか、3rd-短3rd-4th(&6th)-5thと変化させたりしています。ブラックバード様の独自のツーフィンガー奏法。ドラムとテイン…

ヤー・ブルース Yer Blues/ The Beatles

オノ・ヨーコと出会い、シンシアとの結婚生活に悩んでいた時期に作ったブルースで、死ぬたいと連呼。3コード以外では、唯一3bが使用されています。「White Album(1968年)」に収録KEY:E 6/8拍子 1 1 1 1, 4 4 1 1, 3b 5 (14) (15),Yer Blues - The Beatles - …

バースデイ Birthday/ The Beatles

誕生日を祝うポール作のRock’n Roll。コード進行は、サビで3bが出てきますが、短3度上に転調しているようです。「White Album(1968年)」に収録。Key: A Major Verse 1 % % %, 4 % 1 %, 5 % 1 %,Long connector 5 % % %, repeatBridge 3b 7b 3b 7b, (転調:…

ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード Why Don't We Do It In the Road/ The Beatles

ポールの曲。145の3コードだけの曲。インド滞在中のある日、突然目の前に、猿がやってきて、わずか2-3秒で交尾したとのことで、それを見て、動物にとって、子作りとはこんなに簡単なことなのかと驚いたとのこと。人間はどうして道端でしないんだろうというこ…

ドント・パス・ミー・バイ Don't Pass Me By/ The Beatles

リンゴが4年かけて作った曲。コード進行みると、I, IV, Vの3コードで作られています。「White Album(1968年)」に収録Verse 1 % % %, 4 % % %, 5 % % %, 4 % %, 1 % % %, Refrain 1 % % %, 4 % % %, 1 % % %, 5 % % %, 4 % % %, 1 % % %,Don't Pass Me By - T…

ジュリア Julia / The Beatles

ジョンのスリーフィンガー奏法での弾き語り曲。 亡き母(Julia)への歌。前半はメジャーkeyなのに、とても物悲しく感じます。verse(I - VIm -IIIm)で、Top(1弦)の音を、そ(実音はA)に固定したり、Refrainで、Vm, VI7, IV7, IVmなど使用していることが、そう…

アイ・ウィル I Will/ The Beatles

ポールのストレートなラブソング。ギターもポール。ベースは、口ベースだそうです。「White Album(1968年)」に収録 注)ダイアトニックコードのm(マイナー)は省略しています。 Verse: 1625, 1635, 4561, 4516, 25, Bridge 4366, 2511, 4366, 2Δ % 5 5,I Will…

サボイ・トラッフル Savoy Truffle/ The Beatles

ジョージの曲。同主調短調への転調があったりと、コード進行も、なかなか面白いですが、友人のエリック・クラプトンが、虫歯だらけなのに、甘いものが大好きだったということで、書いた歌詞とのことです。某所で、この曲が、バレンタインデーに、とりあげら…

ロッキー・ラクーン Rocky Raccoon/ The Beatles

インドで、ポールがジョンとドノヴァンの手を借りて作ったトーキングブルース。コード進行の肝は、6 2Δ 5 1 の繰り返しで、6=VImの7thが、topの音になっていて、tensionが効いた感じがします。次の2Δ=II7ですが、前半は、sus4で、前のコードの7thの音と同じ…

ピッギーズ Piggies/ The Beatles

ジョージの曲。コード進行では、2m →3Δ →4 という風にIIIが使われていますが、不自然な感じは受けません。豚の鳴き声を真似した声が入っていたり、ストリングスや、ハープシコードも使われています。中産階級を揶揄した曲らしいのですが、どういうことかは、…

ブラックバード Blackbird / The Beatles

ポールの弾き語り曲。スリーフィンガー奏法に似た独自のツーフィンガー奏法。コード進行は、少しづつ上がったり、少しづつ下がったりというのが多い印象です。黒人女性の人権擁護や解放を支持する歌ですが、鳥という存在を使うことで、どんな聴き手にも当て…