コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

「アイル・フォロー・ザ・サン」I'll Follow The Sun / The Beatles

コード進行をみると、Verseが、ドミナント(V7)で始まること、V→IVの進行が割と多いことに気がつきました。また、BridgeのIIm -IVm-Iも、サブドミナントマイナー(IVm)の使い方が、いい感じです。ポールが、16才の頃に作った曲だそうですが、おそるべしです。"One day you'll look to see I've gone, For tomorrow may rain, so I'll follow the sun." 「ある日あなたは気付くだろう。私が行ってしまったことに。明日は、雨かもしれない。だから私は太陽についていこう。」の歌詞から始まります。アルバム「Beatles For Sale」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: C
Intro:
(1 5) (4 1)
Verse:
5 4 1 2Δ,
(1 3) (2Δ 5) (1 5) (4 1),

Bridge:
2 4m 1 1(7th),
2 4m 1 2,

I'll Follow The Sun - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "I'll Follow The Sun"

I’ll Follow The Sun – The Beatles | Goldmine1969.com

調と機能から独立するコード感を会得する~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

【歌詞和訳】I’ll Follow the Sun – The Beatles |アイル・フォロー・ザ・サン(太陽を追っかけて) – ビートルズ | エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

I'll Follow The Sun 和訳/歌詞 - ビートルズ (The Beatles) - 廃墟の街のレコード店

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

Paul:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

solo guitar:
www.youtube.com

solo guitar:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to sing:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000253j:plain

「アイム・ア・ルーザー」I'm A Loser / The Beatles

コード進行みると、I-V-VIIb-Iとか、IIm-V-IIm-V, I-VIm-IIm-(VIIb-V)とか、VIIbが、いい具合に使われています。主に、ジョンの曲。"I'm A Loser, and I lost someone who's near to me."「僕は負け犬だよ。そして、身近な誰かを失った」といった歌詞がでてきます。アルバム「Beatles For Sale」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: G
Intro:
2 5 2 5,
7b (7b 5)

Verse:
1 5 7b 1,
repeat (×4)

Refrain:
2 5 2 5,
1 6 2 (7b 5),

I'm A Loser - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "I'm A Loser"

I’m A Loser – The Beatles | Goldmine1969.com

調と機能から独立するコード感を会得する~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

【歌詞和訳】I’m a Loser – The Beatles |アイム・ア・ルーザー(僕は負け犬) – ビートルズ | エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

I'm A Loser 和訳/歌詞 - ビートルズ (The Beatles) - 廃墟の街のレコード店

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

弾き語り:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to sing:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000253j:plain

「ノー・リプライ」No Reply / The Beatles

コード進行は、IV-V7-Iからの開始ですが、6th(13th)系のtensionが味を出しているようです。Bridgeで、I-III-VI-%, IIm-IV-I-%で、III-VIが面白いです。"This happend once before. When I came to your door. No replay."「前にも一度こんなことがあった。家のドアを叩いても返事はない」"I nearly died, 'Cause you walked hand in hand with another man in may place."「心臓が止まりそうだった。僕と過ごした場所で、他の男と手を取り合って歩いているなんて。」といった歌詞が出てきます。主に、ジョンの曲。アルバム「Beatles For Sale」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: C
Verse:
4(6th) 5(13th) 1(6th) %,
4(6th) 5(13th) 1(6th) %,
6 3 4 3,
4(6th) 5(13th) 1(6th) %,

Bridge:
1 3Δ 6Δ %,
2 4 1 %,

outro:
6 3 4 1,

No Reply - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "No Reply"

No Reply – The Beatles | Goldmine1969.com

No Reply-The Beatles【歌詞和訳】|zakishinot|note

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

和訳DE歌おう:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to sing
www.youtube.com

弾き語り:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000253j:plain

「アイル・ビー・バック」 I'll Be Back / The Beatles

コード進行は、Introが長調(I)で開始するも、Verseは、頭から同主調短調(Im)へ転調。Im-VIIb-VIb-Vと進行し、そしてまた長調(I)に戻る。Bridge1は、前半がVIm-%-IIm-%で、平行調短調)のIm-IVmに相当。後半は、VとIVを行ったり来たり。Bridge2は、IIm-%-IIIm-%, VIm-II-IV-V。Introのリフは、移動ドで、「られそみー」ジョージのナイロン弦。"You know. If you break my heart, I'll go. But I'll be back again."(君が僕を傷つけたら僕は出ていく。でも、また帰ってくるよ。) "I love you so. I'm the one who wants you."(とても好きだよ。僕にこそ君が必要なんだ。」といった歌詞。ジョンとポールの共作ですが、主にジョンが作ったそうです。アルバム「A Hard Day's Night」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: A - Am

Intro:
1

Verse:
1m 7b 6b 5,
1 1,

Bridge 1:
6 % 2 %,
5 (2拍) (4 5) (4 5)

Bridge 2:
2 % 3 %,
6 2Δ 4 5,


I'll Be Back - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "I'll Be Back"

テンションではない#9thの概念で覚える感覚的音楽性〜ビートルズ楽曲topics★★★★ - 音楽教室運営奮闘記

I’ll Be Back – The Beatles | Goldmine1969.com

【歌詞和訳】I’ll Be Back – The Beatles |アイル・ビー・バック(帰ってくるよ) – ビートルズ | エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to sing:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190201212731j:plain

「ユー・キャント・ドゥ・ザット」 You Can't Do That / The Beatles

コード進行は、Verseが12小節のブルース進行。Bridgeは、III7-VImから始まって、IIm-IIIm-(I or V7) 。ジョンの曲。You Can't Do Thatというのは、前後の歌詞から考えると、あの男と話をしてはダメといった意味と思われます。アルバム「A Hard Day's Night」(1964年)に収録。


注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: G - Em
Intro:
1 1 1 1, (7th)

Verse: 12bar blues
1 1 1 1, (7th)
4 4 1 1,
5 4 1 1,

Bridge:
3Δ 6 (2 3 )1,
3Δ 6 2 (3 5),

You Can't Do That - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "You Can't Do That"

テンションではない#9thの概念で覚える感覚的音楽性〜ビートルズ楽曲topics★★★★ - 音楽教室運営奮闘記

You Can’t Do That – The Beatles | Goldmine1969.com

【歌詞和訳】You Can't Do That / The Beatles - ユー キャント ドゥ ザット / ビートルズ ゲスな彼女に別れを告げて… : 洋楽翻訳☆お味噌味 - オリジナル歌詞和訳の妄想旅行へ

You Can't Do That - The Beatles 和訳と紹介 | BxM

関西弁でビートルズ和訳シリーズ I'm So Tired

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

弾き語り:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190201212731j:plain

「家に帰れば」 When I Get Home / The Beatles

曲はサビから開始。コード進行は、最初の4小節A=Iが続いた次は、IV-VIIb-Im-VIIbと、同主調(Im)転調を経て、その平行調長調;IIIb)へ。Verse-Bridgeでは、I-IV、I-VIm、IV-Vの繰り返し(1414, 1616, 4545)多し。ジョンの曲。" I got a whole lot of things to tell her, When I get home."「家に帰ったら、彼女に言わなければいけないことが山ほどあるんだ」"When I'm getting home tonight. I'm gonna hold her tight. I'm gonna love her. "「今夜家についたら、彼女をぎゅっと抱きしめて、彼女を愛するんだ。」といった歌詞。アルバム「A Hard Day's Night」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: A - Am - C
Refrain: A=1
1 1 1 1,
4 7b 1m 7b,

(A=6Δとすると
6Δ % % %,
2Δ 5 6 5, )

Verse: Key=C=1
1 4 1 4,
1 4 5 5,

Bridge:
1 6 1 6,
4 5 4 5,
6 5,

When I Get Home - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "When I Get Home"

When I Get Home 【家に帰れば】 – The Beatles | Goldmine1969.com

【歌詞和訳】When I Get Home – The Beatles |ホエン・アイ・ゲット・ホーム(家に帰れば) – ビートルズ | エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190201212731j:plain

「今日の誓い」 Things We Said Today / The Beatles

コード進行は、Im-Vm7の繰り返し(短調)から始まり。続いて、IIIb-IIIb(7,9th)-VIb-IIbは、VIb(=F)へ部分転調と考えました。Bridgeは、同主調長調)に転調。I-IV-II-V, I-IV-II-IIb。
ポールの曲。"You say you will love me If I have to go. You'll be thinking of me Somehow I will know."「僕が旅立つことがあっても、君は僕を愛し、僕に気持ちが届くように僕のことを思い続けると言ったね。」"Someday when I'm lonely Wishing you were't so far way. Then I will remember Thing we said today.「いつか、君に離れないで欲しいと願い、さみしく感じた時に、今日話したことを、思い出すよ。」 といった歌詞。アルバム「A Hard Day's Night」(1964年)に収録。

注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略しています。
Key: Am - A

Intro-Verse:
1m-5m7 の繰り返し

3b 3b(7,9th) 6b 2b,

Bridge:
1 4 2Δ 5,
1 4 2Δ 2b,

Things We Said Today - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "Things We Said Today"

スリーコードマジック;A Hard Days Night〜ビートルズ楽曲topics★★★ - 音楽教室運営奮闘記

Things We Said Today 【今日の誓い】 – The Beatles | Goldmine1969.com

【歌詞和訳】Things We Said Today – The Beatles |シングス・ウィ・セド・トゥデイ(今日の誓い) – ビートルズ | エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

【歌詞和訳】Things We Said Today / The Beatles - シングス ウィ セッド トゥデイ / ビートルズ 二人だけの約束をかわして… : 洋楽翻訳☆お味噌味 - オリジナル歌詞和訳の妄想旅行へ

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

Paul:
www.youtube.com

Paul:
www.youtube.com

Larry Carlton:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

cover:
www.youtube.com

cover
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to
www.youtube.com

how to sing
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190201212731j:plain