コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

オー!ダーリン Oh! Darling / The Beatles

ポールの曲。最初のV augが、渋いですね。Verseの最初の4小節は、Let it Beと同じ1564。サビでは、Beatlesらしく、VIbやIIを上手に使っています。1969年4月7月8月録音。

ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略。
Key:A
Intro:
5 aug

Verse:
1 5 6 4,
( 2 5 )( 2 5 ) (1 4) (1 5)

Bridge:
4 6b 1 1,
2Δ 2Δ (5 6b) 5

Oh! Darling - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "Oh! Darling"

クリシェってそもそも何??~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

Oh ! Darling – The Beatles | Goldmine1969.com

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

The Beatles:
www.youtube.com

Anthology 3 Version
www.youtube.com

Norah Jones
www.youtube.com

男声+アコギ×2+カホン
www.youtube.com

www.youtube.com

一人で多重録音
www.youtube.com

女声
www.youtube.com

how to play
www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

solo guitar
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000532j:plain

マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー Maxwell's Silver Hammer / The Beatles

ポールの曲。コード進行に4度進行多用のほのぼのした曲調ですが、歌詞は、恐ろしい殺人事件の歌。1969年7月8月録音。

ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略。
Key:D
Verse:
(1 1/7) 6Δ 2 2, 5 5 1 5,
2Δ % 5 %,

Refrain:
1 % 2Δ %,
5 % 2 5,

Interlude:
(1 3Δ) (6 5) 4 1

Maxwell's Silver Hammer - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "Maxwell's Silver Hammer"

Maxwell’s Silver Hammer – The Beatles | Goldmine1969.com

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

The Beatles:
www.youtube.com

Anthology 3 Version:
www.youtube.com

和訳DE歌おう!デュエット版
www.youtube.com

弾き語り(女声):
www.youtube.com

MonaLisa Twins:
www.youtube.com

solo guitar:
www.youtube.com

弾き語り(男声):
www.youtube.com

how to play:
www.youtube.com


f:id:Gakkiii:20190202000532j:plain

サムシング Something / The Beatles

ジョージの曲。コード進行は、イントロのIVとVの間で、IIIbが使われています。Bass音はF-Eb-D-Cと順次下降です。Verseで、C CΔ7 C7と、Am AmΔ7 Am7の2種類のクリシエがでてきます。サビは、短3度下に転調。I/V IΔ7/V VIm VIm/V IVのところも、移動ドで、どしらそふぁ、と下がる音を含んでます。フランク・シナトラは、この曲のことを「20世紀最高のラブソング」と言ったそうです。1969年5月7月8月に録音。

ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略
Intro:
4 (3b 5/2) 1

Verse:
1 % 1(M7) %, 1(7th) % 4 %,
2 % 5 %, 6 6(M7) 6(7th) 2, 4 (b3 5) 1,

Bridge(短3度下に転調)
(1/5 1(M7)/5 ) (6 6/5) (4 7b) 1
(1 7Δ ) (6 3Δ) (4 7b) 1
元のkeyに戻って
(2Δ 5) 1

Something - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "Something"

クリシェってそもそも何??~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

Something – The Beatles | Goldmine1969.com

Something / サムシング(The Beatles / ビートルズ)1969 : 洋楽和訳 Neverending Music

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

The Beatles:
www.youtube.com

Anthology 3 Version
www.youtube.com

George Harrison:
www.youtube.com

Paul McCartney:
www.youtube.com

Avonlea and Sina
www.youtube.com

Brian May
www.youtube.com

Celine Dion
www.youtube.com

Ray Charles
www.youtube.com

Tommy Emmanuel/Joscho Stephan
www.youtube.com

弾き語り:
www.youtube.com

弾き語り(Duo)
www.youtube.com

男声+ギター、ベース、ヴァイオリン
www.youtube.com

弦楽4重奏:
www.youtube.com

how to play:
www.youtube.com

how to play:
www.youtube.com

how to sing
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000532j:plain

カム・トゥゲザー Come Together / The Beatles

ジョンの曲。1969年7月録音。
コードは、4種類のみ、Im7のところは、b3=みb(移動ド)の音がメロディに入るため、短調の雰囲気が強いのですが、I7(#9)と解釈されている方もおられました。こちらも、#9=b3=みbが入りますが、3th-7thの増4度を含むことで、より不安定な雰囲気が出ます。次のV7で6th(み)の音が使われたり、普通の短調なら、IVm(ふぁ・らb・ど)になるところが、IV(ふぁ・ら・ど・)となってますし、IV(7), V(7)のところは、ブルースのV→VI進行と考えた方が自然な気がします。
てっきり、Come(来い)+together(一緒に)で、「俺についてこい」かと思ったら、違ってました。come togetherは、集まろうとか、団結しようとか、一体となろう、一緒にやろうとかの意味のようです。歌詞には、メンバー4人のことが、順番に出てくるので、4人で一緒に一体となって演奏しようという意味なのかもしれませんが、皮肉にも、解散直前の時期だけあって、録音は、仲良くとは、いかなかったようです。ポールが考えたピアノのフレーズなのに、ポールに弾かせず自分が弾いたり、ハモリも、ジョン一人でバックコーラスまで録音して、ポールに歌わせてないようです。
チャックベリーの”You can't catch me”という曲に、メロディや歌詞が似ているとのことで、訴えられたようです。メロデイや曲は、似てないと思うんですが。。

Intro
Im7 % % %,

Verse
Im7 % % %,
V7 % IV7 %,

Refrain
(VIm V) (IV V) Im7

Come Together - The Beatles - Cifra Club

「Come Together」(カム・トゥゲザー) | The Beatles(ビートルズ) ギターコード譜 | 楽器.me

Alan W. Pollack's Notes on "Come Together"

緑色を『緑色』って言わないで~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

Come Together – The Beatles | Goldmine1969.com

歌詞和訳 | Come Together – The Beatles |カム・トゥゲザー(一緒にやろうぜ) – ビートルズ の歌詞和訳エイカシ | 洋楽歌詞の和訳、英語の意味、読み方

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

The Beatles:
www.youtube.com

John Lenon:
www.youtube.com

Michael Jackson:
www.youtube.com

Gary Clark Jr
www.youtube.com

Aerosmith
www.youtube.com

Tina Turner
www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

The Voice France 2013
www.youtube.com

Joe Cocker
www.youtube.com

Marcus Miller
www.youtube.com

solo guitar:
www.youtube.com

how to play:
www.youtube.com

how to play:
www.youtube.com

www.youtube.com

カム・トゥゲザー

カム・トゥゲザー

music.apple.com

f:id:Gakkiii:20190202000532j:plain

ルイジアナ・ママ / ジーン・ピットニー

典型的な1645進行とは違いますが、4コード(1645)主体のコード進行です。1962年に飯田久彦さんがカバーし、年間6位のヒット。

1616 451(4)1, 4511,
1616 45411, 451(4)1
4125

ジーン・ピットニー(1961)
www.youtube.com

飯田久彦(1962年; 6位)
https://www.youtube.com/watch?v=tpGCW6x9JVI

弘田三枝子:
www.youtube.com

music.apple.com

ルイジアナ・ママ

ルイジアナ・ママ

music.apple.com

ルイジアナ・ママ

ルイジアナ・ママ

music.apple.com

「ルージュの伝言」作詞作曲:荒井由実(現:松任谷由実)1975年のリリース。

典型的な1645進行ではないですが、4コード(1645)主体のoldies(50-60年代)風の曲調で、ノリがいいですね。

コード進行:1166 1166, 4516 4515, 1166 4455, 1166 4511

歌詞+コード:
ルージュの伝言 / 荒井由実(松任谷由実) ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード - U-フレット

本人:
www.youtube.com

振り付け:
www.youtube.com

バンドカバー:
www.youtube.com

ブラス:
www.youtube.com

バンドカバー:
www.youtube.com

ベンチャーズ
www.youtube.com

替え歌:
www.youtube.com

sax+ギター+キーボード:
www.youtube.com

saxカルテット:
www.youtube.com

ギターduo:
www.youtube.com

Bossa Nova:
www.youtube.com

ルージュの伝言

ルージュの伝言

music.apple.com

Doo-wop 進行(50S 進行 ; 1645)

Stand by Meで有名な1645進行。
gakkiii.hatenablog.com

1645進行〜洋楽21曲メドレー(ギター弾き語り)
www.youtube.com

Song list:
1. This magic moment
2. Dream, Dream, Dream
3. Eternal Flame
4. Duke of Earl
5. Earth Angel
6. Blue Moon
7. Beyond the Sea
8. Heart and Soul
9. Lollipop
10. Stand by Me
11. Last Kiss
12. Every Breath you Take
13. Nothing's gonna stop us now
14. Oh, Donna
15. Prima Donna
16. Crocodile Rock
17. Chain Gang
18. Pretty Little Angel Eyes
19. We go together
20. One Fine Day
21. Friday

This Magic Moment

This Magic Moment

music.apple.com