コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

ジ・エンド The End / The Beatles

ポールの作曲。ビートルズ4人での最後の演奏。3部構成。1部はコード進行が、I-IVとII-V(1音上のI-IV)の後、I - IIIbdim と進んだ後に、リンゴの最初で最後のドラムソロ。2部は、I(7th)- IV(7th)の繰り返しで、ポール、ジョージ、ジョンの順で、2小節づつ3回、ギターバトル。3部のコードは、最初はIのみが続いた後に、3拍子で、VIb/ I Vm/VIIb IVm/VIb Im/Vと、同主調短調(Am)を利用して、短3度上(C)に転調した後に、ゆったりな4拍子。歌詞は、"And in the end The love you take is equal to the love you make(そして、最後には、あなたは愛を受け取る、あなたが与えた愛の分だけ)" 締めくくりのコードは、I-II-IIIb-IV-I。
1969年8月15日、簡単なリハの後に、take1で録音終了。

Key: A Major -» C Major
Part 1: Oh yeah, all right

1, 4 (- 2Δ) 5 (- 1),
1 1 3b dim (- 1), 1のところで、123b34, 3b dimの構成音(5b-3b-1)

Part 2: «Instrumental solos»
1 1 4 4, 14回繰り返し; ポール、ジョージ、ジョン3人のギターバトルが2小節づつ3回づつ.

Part 3: And in the end
1 1 1 1, 1 1 1 1,

(3/4拍子) 同主調短調(Am)の平行調(C)に転調
Aの:6b/ 1 5m/7b 4m/6b 1m/5,
Cの:4/6 3/5 2/4 6/3,

(4/4拍子) ゆっくり 
(2 5)
1 2Δ (3b 4) 1,

https://www.cifraclub.com.br/the-beatles/the-end/The End - The Beatles - Cifra Club

Alan W. Pollack's Notes on "The End"

"そして、最後には、あなたは愛を受け取る、あなたが与えた愛の分だけ"~ビートルズ楽曲topic★★★ - 音楽教室運営奮闘記

The End – The Beatles | Goldmine1969.com

真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧|リットーミュージック

The Beatles:
www.youtube.com

Anthology 3 Version:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

how to:
www.youtube.com

f:id:Gakkiii:20190202000532j:plain