コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

The Beatles

アイル・ゲット・ユー I'll Get You / The Beatles

ポールとジョンの共作。コード進行は、4コード主体ですが、Vm(そ, しb, れ)が使われているところと、Vの前でII7が使われているところがあります。1963年リリースの4枚目シングル「She loves You」のB面曲。注) ダイアトニックコードのm(マイナー)は、省略…

サンキュー・ガール Thank You Girl / The Beatles

コード進行みると、大部分は3コードで、Bridgeの最初の1小節のみVIm。 主にポールの曲。毎日山のような贈り物とファンレターが届くようになったことから、ファンの女の子たちへのお礼を言うために書いた曲とのこと。1963年リリースの3枚目のシングル「From M…

ゼアズ・ア・プレイス There's A Place / The Beatles

ジョンとポールの共作。名曲の中に埋もれている名曲だとGabrielle Aplinさんのcoverを聞いて感じました。歌詞もいいです。Strawberry Fields Foreverに通じるような気がします。サビのコード進行「VIm - II - I - III」をどう解釈していいのか迷いますが、平…

ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット Do You Want To Know A Secret / The Beatles

主にジョンが作った曲で、ジョージがlead vocal。コード進行をみると、Introが、同主調短調になっています。こんな初期から、こういう洒落た曲作りをしていたんですね。IIIm - IIIbm - IIm と半音づつ下がるのもイイ感じ。IIbが使われていることもあるようで…

ミズリー Misery / The Beatles

ジョンとポールの共作。コード進行は、I, VIm, IV, Vの4コードのみで構成され、暗い曲ではないが、歌詞は、「世界中が私につらくあたるの…みじめだわ」といった悲観的な内容。ヘレン・シャピロのために書かれたが、採用されず、ケニーリンチの曲となった。他…

アスク・ミー・ホワイ Ask Me Why / The Beatles

Verseは、123(4)と進んで321(あるいは4341)と戻るコード進行。ノンダイアトニックコードに注目すると、III7、II7、IVm、Iaug。III7、II7は、それぞれ、VIm, V7のセカンダリードミナントで、IVmは、サブドミナントマイナー。I augの役割は、IVのセカンダリ…

プリーズ・プリーズ・ミー Please Please Me / The Beatles

主にジョンの作品。2枚目シングル(1963年)のA面曲。3コード( I, IV, V)の割合は多いですが、IIIb - IV -Vとか、IIIb-VIb-Vという風に、IIIbやVIbを上手に使っています。アルバム「Please Please Me」収録(1963年)。Key: E Intro1 1 1 1, Verse1 1 (4 1) (3b …

P.S.アイ・ラヴ・ユー P.S. I Love You / The Beatles

主にポールの作品。こんな初期から、VIb, VIIbを上手に使って、これだけの曲を作ってたなんてすごいなと思います。IVの後のVII(7th)は、よくわかりませんが、IV7の裏コードという解釈もあるようです。VII(7th)ではなく、IV#dimにしている方もあるようですが…

ラヴ・ミー・ドゥ Love Me Do / The Beatles

1962年リリースのBeatlesのデビューシングル曲。もともとポールが16才で作曲した曲で、その後ジョンも一部手伝ったとのこと。コード進行は、前半は、IとIVの2つのコードのみ、Bridgeで、V V IV I, の繰り返し。この曲で、ブルースをやろうとしたとのことで、…

ハー・マジェスティー Her Majesty / The Beatles

ポールの曲。コード進行は、1625の4度進行多用。2と6は、マイナーだったり、メジャーコードだったり。「女王陛下はとってもかわいい娘」とか「いつかきっとものにしてやる」といった内容のパロディな歌詞の女王賛歌。最初は、ミーン・ミスター・マスタードと…

ジ・エンド The End / The Beatles

ポールの作曲。ビートルズ4人での最後の演奏。3部構成。1部はコード進行が、I-IVとII-V(1音上のI-IV)の後、I - IIIbdim と進んだ後に、リンゴの最初で最後のドラムソロ。2部は、I(7th)- IV(7th)の繰り返しで、ポール、ジョージ、ジョンの順で、2小節づつ3回…

キャリー・ザット・ウェイト Carry That Weight / The Beatles

ポールの曲: この曲独自のコード進行は、I % V %, V % I %, サビは、"You Never Give Me Your Money"のコード進行(枯葉進行)とメロディ。歌詞は、「ずっと重荷を背負って生きていくんだ」というような内容。Golden slumbersからのメドレーになっているため、…

ゴールデン・スランバー Golden Slumbers / The Beatles

2016年公開の3Dアニメ映画「Sing」の挿入歌にも使われたポールの曲。コード進行は、ダイアトニック・コード主体で、(IIIm or III -)VIm-IIm-V7-Iの4度進行が繰り返し出てきます。IImのところで、IIm ↔︎ IIIm/II ↔︎ IV/IIのように弾くところがいい感じです。R…

シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー She Came In Through The Bathroom Window / The Beatles

ポールの曲。コード進行は、I - IV または、I - IVmを繰り返している感じの曲。 空き巣なのかファンなのか知人なのかは不明ですが、ポールの自宅のバスルームの窓から、女性が侵入してきたという実際の出来事にインスパイアされて書かれた歌詞。Key:A Verse:…

ポリシーン・パン Polythene Pam / The Beatles

ジョンの曲。コード進行は、VIIb-IV-I, VIb-VIIb-Iというように、3コード(I, IV, V)+ VIIb + VIb + IIIの6種類のメジャーコードの連鎖で構成されています。パンクロックぽい感じ。歌詞は、皮のブーツと、キルトを履いて、ポリシーン(ポリエチレン)のような…

ミーン・ミスター・マスタード Mean Mr Mustard / The Beatles

ジョンの曲。コード進行は、3コード(I, IV, V) + VIIb + VIbの5種類のメジャーコードの連鎖で構成。歌詞は、お金を節約するためにホームレスをしているというケチで汚い男の歌。パンという名前の働き者の妹がいる。1969年4月7月8月録音。Key:E Verse: 1 1 1 …

サン・キング Sun King / The Beatles

ジョンの曲。Introは、Fleetwood MacのAlbatrossという曲にインスパイアされたとのことで、確かに似ています。歌が入るところのコード進行は、C CM7 Gm7 A7で、keyもわかりにくいですが、C→B→Bb→Aと半音づつ下がる音が入ってるのは、偶然なのでしょうか?そ…

ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー - You Never Give Me Your Money / The Beatles

ポールの曲。未完成の曲をメドレーのように繋げて作ったというだけあって、途中からはガラッと変わります。最初のパート(X)のコード進行は、いわゆる枯葉進行のようです。次のパートは、平行調(長調)へ転調。同様に、4度進行が多いです。16(45)1の6の前にI…

ビコーズ Because / The Beatles

ジョンの曲。ハーモニーが美しい曲ですが、コード進行をみると、I want Youにも通じる独特な短調の曲です。II7やVIb7で、移動ドで、そbやらbの音が使われる他、bridgeでは、IIb(れb、ふぁ、らb)やIIb dim(れb、み、そ、しb)で、「れb」が使われています。…

ヒア・カムズ・ザ・サン Here Comes The Sun / The Beatles

ジョージの曲。エリッククラプトンの家の裏庭で日光浴をしていて、思いついたという美しい曲です。ギターは、7Frカポで、Dのkeyのフォームで、コード&メロディで、弾いているのが、気持ちいいです。コード進行をみると、Intro=verseは、I-I-IV-Vで、いたっ…

アイ・ウォント・ユー I Want You (She's So Heavy) / The Beatles

ジョンの曲。Introの、Im Im/IIIb II7(b9) VIb7 Vaug と進行する独特なコード進行がたまりません。これらは全て、みb(移動ド)の音を含んでいますが、II7(b9)とVIb7では、らbやそbの音が入ってきたり、3th-7th(増4度)の不安定な響きにより、とても、暗くて…

オクトパス・ガーデン Octopus's Garden / The Beatles

リンゴの曲。コード進行は、1645主体。 1969年4月7月録音ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略。 Verse: 1 6 4 5, 1 6 4 5, 6 6 4 5, 1 6 (4 5) 1Inst 1 6 4 5, 1 6 (4 5) 1Outro: 4 5 6 6, 4 5 6 6, 4 5 1 (- 5 1 -) Octopus's Garden - The Beatles - …

オー!ダーリン Oh! Darling / The Beatles

ポールの曲。最初のV augが、渋いですね。Verseの最初の4小節は、Let it Beと同じ1564。サビでは、Beatlesらしく、VIbやIIを上手に使っています。1969年4月7月8月録音。ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略。 Key:A Intro: 5 augVerse: 1 5 6 4, ( 2 5 …

マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー Maxwell's Silver Hammer / The Beatles

ポールの曲。コード進行に4度進行多用のほのぼのした曲調ですが、歌詞は、恐ろしい殺人事件の歌。1969年7月8月録音。ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略。 Key:D Verse: (1 1/7) 6Δ 2 2, 5 5 1 5, 2Δ % 5 %,Refrain: 1 % 2Δ %, 5 % 2 5,Interlude: (1 …

サムシング Something / The Beatles

ジョージの曲。コード進行は、イントロのIVとVの間で、IIIbが使われています。Bass音はF-Eb-D-Cと順次下降です。Verseで、C CΔ7 C7と、Am AmΔ7 Am7の2種類のクリシエがでてきます。サビは、短3度下に転調。I/V IΔ7/V VIm VIm/V IVのところも、移動ドで、ど…

カム・トゥゲザー Come Together / The Beatles

ジョンの曲。1969年7月録音。 コードは、4種類のみ、Im7のところは、b3=みb(移動ド)の音がメロディに入るため、短調の雰囲気が強いのですが、I7(#9)と解釈されている方もおられました。こちらも、#9=b3=みbが入りますが、3th-7thの増4度を含むことで、より不…

プリーズ・ミスター・ポストマン (Please Mister Postman)

コード進行は、Doo-wop 進行(50S 進行)こと、1645進行。僕は、中学の時、Beatlesのカバーでこの曲を知りましたが、カーペンターズや原曲、ア・カペラもいいですね。www.cifraclub.comKids かわいすぎ!! www.youtube.com原曲(Marvelettes;1961年) www.youtu…

アイ・ミー・マイン I Me Mine/ The Beatles

ジョージの作。ワルツで始まる短調の曲。メインのコード進行「Im-IV-VIIb-V-I」において、IVm(ふぁ・らb・ど)ではなくて、IV(ふぁ・ら・ど)になっているのは、次のVIIbにとってドミナントに相当するからとの解釈もありますが、IVmより断然いいですね。こ…

ゲット・バック Get Back / The Beatles

ポールの曲。I, IV, VIIbの3コードのみというシンプルなコード進行。1969年1月録音。Let it Be(1970)に収録。Key: A Intro: 1 1 1 (1 7b 4), Verse: 1 1 4 1, repeatRefrain: 1 1 4 (1 7b 4), repeatRefrain': 1 1 4 (1 7b 4), 1 1 1 4,Break: 1 1 4 (1 7b 4…

フォー・ユー・ブルー For You Blue/ The Beatles

ジョージが作ったブルース曲。1969年1月録音。Let it Be(1970)に収録。Key: D Intro: 1 4 2Δ 5 5, (4で6th, 2で7th)Verse 1 4 1 1, 4 4 1 1, 5 4 1 5,For You Blue - The Beatles - Cifra ClubAlan W. Pollack's Notes on "For You Blue"For You Blue – The …