コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

イエロー・サブマリン

イッツ・オール・トゥ・マッチ It's All Too Much/ The Beatles

ジョージのハードロックぽい曲。ベース音がずっとGで、コードもCとGを行ったり来たりとのことです。録音は1967年。Yellow Submarine(1969)に収録。Alan W. Pollack's Notes on "It's All Too Much"www.terrax.site真実のビートルズ・サウンド完全版|商品一覧…

ヘイ・ブルドッグ Hey Bulldog/ The Beatles

ジョンの曲。イントロのリフがカッコいい曲。コード進行は、メジャーでありながら、verseで、Vm, VIIbを使用し、Refrainで、同主調短調へ転調。録音は1968年2月。Yellow Submarine(1969)に収録。Key: B - BmIntro リフverse: 1 5m 1 5m, (7b 5m) 4 (7b 5m) 1…

オール・トゥゲザー・ナウ All Together Now/ The Beatles

ポールの曲。タイトルは、「それでは皆さん御一緒に」の意味で、子供向けに作った曲で、I, IV, Vの3コードのみ。Yellow Submarine(1969)に収録。 Key:G Verse 1 1 5 5, 1 (1 5) (5 1) 1,Bridge 4 4 1 1, 4 4 5 5 5 5,Refrain 1 1 1 1, 5 5 1 1,Outro 1 1 1 1…

イエロー・サブマリン Yellow Submarine/ The Beatles

主にポールが作った曲。子供むけだけあって、ダイアトニックコードで構成。「リボルバー(1966年)」、Yellow Submarine(1969)に収録。注)ダイアトニックコードのマイナー(m)は省略しています。 verse 1 (5 4) (1 6) 2 (5 1), repeat Refrain 1 5 5 1, repeat…