コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

洋楽

I Just Called to Say I Love You (心の愛) / スティーヴィー・ワンダー

BeatlesのThere's a Placeのメロデイを聞いていたら、この曲が思い浮かびました。コード進行は、最初はIが長く続き、IImでクリシエ上下。あとは、IIm-V-I とIV-V-I。 Bossa Novaも合うようです。 1984年発表。Key:Db Verse: 1 1 1 1, 1 1 1 1, 2 2 2 2, (ten…

マイ・シェリー・アモール (My Cherie Amour) / スティーヴィー・ワンダー

小野リサさんのLiveで、この曲のBossa Nova versionを聴いて感動しました。コード進行みると。メジャー7thコードが、3種類も出てきたり、sus4、9th, #11, b13th,13thなどのtensionが散りばめられていて、お洒落です。どのメジャー7thコードをI(key)とする…

Slam / David Sanborn

1988年リリースされたアルバム「Close-Up」の1曲目。ノリノリで、かっこいい曲ですが、コード進行は、introからAメロまで、ひたすらAm Gの繰り返しで、超シンプル。「IIm - I 」と考えました 。Bメロが、Bm(またはEsus4) C F F, 。メロディには、FやBbは使…

WineLight / Grover Washington, Jr. (作曲: William Eaton)

コード進行は、最初のAパートで出てくるコードは、Im7(ど,みb,そ,しb)、 IVm7(ふぁ,らb,ど,みb)、 VIbm7(らb,し,みb,そ)の3つのマイナーコード。みbとらbを含む短調ですが、Im7(9)では、しbを含むのですが、VIbmでは、3度の音で「し」を含むためか、少…

ルイジアナ・ママ / ジーン・ピットニー

典型的な1645進行とは違いますが、4コード(1645)主体のコード進行です。1962年に飯田久彦さんがカバーし、年間6位のヒット。1616 451(4)1, 4511, 1616 45411, 451(4)1 4125ジーン・ピットニー(1961) www.youtube.com飯田久彦(1962年; 6位) https://www.youtu…

Doo-wop 進行(50S 進行 ; 1645)

Stand by Meで有名な1645進行。 gakkiii.hatenablog.com1645進行〜洋楽21曲メドレー(ギター弾き語り) www.youtube.comSong list: 1. This magic moment 2. Dream, Dream, Dream 3. Eternal Flame 4. Duke of Earl 5. Earth Angel 6. Blue Moon 7. Beyond t…

スタンド・バイ・ミー(1961年; 作詞作曲: ベン・E・キング, ジェリー・リーバー, マイク・ストーラー)

1645のコード進行の曲といえば、やっぱりこの曲ですねー。Ben E King: www.youtube.comwww.youtube.comJohn Lemon: www.youtube.com管楽器5人+Drums: www.youtube.com楽譜: musescore.comT.sax 兼vocal: www.youtube.comA.sax: www.youtube.comギター: www.…

プリーズ・ミスター・ポストマン (Please Mister Postman)

コード進行は、Doo-wop 進行(50S 進行)こと、1645進行。僕は、中学の時、Beatlesのカバーでこの曲を知りましたが、カーペンターズや原曲、ア・カペラもいいですね。www.cifraclub.comKids かわいすぎ!! www.youtube.com原曲(Marvelettes;1961年) www.youtu…

ダイアナ (Diana) / ポール・アンカ

コード進行は、Doo-wop 進行(50S 進行)こと、1645進行です。サビは、IV - IVm - I - I, IV - IVm - V - V, 1957年にポール・アンカが作詞作曲し、同年録音。日本では、当時ロカビリーブームの時代で、平尾昌章さんが、1958年カバーし、年間17位、山下敬二郎…

Sunday Morning / Maroon 5

コード進行は、IIm-V-Iの繰り返し。これで曲が成立するとは驚きです。Maroon 5のよりも、Bossa Novaでcoverしたfreedom orchestra (Vo.寺前未来?)のversionの方が好みです。www.google.com女声 Bossa nova version: freedom orchestra (Vo.寺前未来?) www.yo…

POP PUNK 進行 (1564, 6415, 4156)

I-V-VIm-IV (1564)を、シンプルに繰り返した楽曲が、洋楽のヒット曲に多数あります。この1564の進行をpop punk chord progression”(=ポップパンク進行)と呼ぶそうですが、1564が出てくる曲名をとって、「Let It Be進行」とか「アナ雪進行」とか呼ぶ人もい…

カノン進行(1563, 4145)

JPOPでよく見られるコード進行の一つ。前向きな曲、応援したり励ましたりする曲に、よく似合います。www.nextdesign-jp.comgakkiii.hatenablog.comwww.youtube.comwww.youtube.com日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その1) | 1983年 | リマインダ…

小室進行(6451)

VIm IV V I は、小室哲哉氏が得意としたコード進行で、小室進行とも呼びますが、メドレーで聞くとまた、面白いですね。IVをIImに変えた6251も同様に、よく使われるようです。長調でも使えますが、短調の曲も多いようです。その場合は、VImをImと変更すると、…

Just the Two of Us/ Grover Washington Jr (グローヴァー・ワシントン・ジュニア)

Two of Usつながりで選択。IVΔ7 III7 VIm (Vm7 I7), IVΔ7 III7 VIm VIm7 の繰り返し。都会的な雰囲気のあるかっこいいコード進行ですが、いろいろな曲で使われているようですね。 1980年発表のアルバム『Winelight』に収録。ビル・ウィザース、ウィリアム・…

ALRIGHT / 竹内アンナ

2018年リリース。メジャー7thや9thといったテンションを、ふんだんに使用していて、カコイイですね。コード進行は、KeyをDと考えると、最初が、IVM7-III7-VIm9となりますが、メジャー7thコードから、半音下のセブンスコード、そして、ドミナントモーション…

ロック・アンド・ロール・ミュージック (Rock And Roll Music) / チャック・ベリー(Chuck Berry)

1957年リリース。I, IV, Vの3コードのみのノリの良いRock’n Roll。ビートルズもcoverし、ライブで、よく演奏されていたようです。特に、1966年の海外ツアーの1曲目は、日本公演(武道館)含め、全部この曲だったようです。アルバムでは、『ビートルズ・フォ…

ピアノマン(piano man) / ビリージョエル (Billy Joel) 1973年

これもカノン進行に近い進行。分数コード多めで、3拍子なのが良い感じ。1,3巡目の最後がII7-V7にしてあったり、2,4巡目で、I - I sus4 - IΔ7 -( IV VIm I/II) などとアレンジされているところもいい感じです。サビは、VIm-II7-VIm II7 - V なので、属調(V)…

『男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman)』パーシー・スレッジ(1966年)

作詞作曲:C.Lewis/A.Wright カノン進行ですが、後半の4145のところは、4515か、4511(7th)。 サビは、4141,4(16)2Δ5,Original Key=Db: Aメロ: 1563,4515 repeat ×3 1563,451 I7 サビ: 4141,4(16)2Δ5,www.youtube.comWhen a Man Loves a Womanパーシー・ス…

Have You Never Been Mellow (邦題:そよ風の誘惑)/ オリビア・ニュートン・ジョン

カノン進行つながりで選択。1563-4145の最後のIV-V7のところが、V7sus4 - V7になっています。 オリビア・ニュートン・ジョンの初期(1975年)のヒット曲ですが、キャンディーズ、河合奈保子、ポールモーリアなどがカバーしてました。曲と歌手のイメージから、…

Isn't She Lovely / Stevie Wonder

She loves youのイントロのコード進行(VIm→II7→IV→I)を弾いていたら、Isn't She lovelyのコード進行と、よく似ていることに気がつきました。こちらは、VIm(9) → II7(13) → V7(4,9) → I で4度進行ですが、V7(4,9) = IV /V なので、IVみたいなもんですね。 V…