コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

ALRIGHT / 竹内アンナ

2018年リリース。メジャー7thや9thといったテンションを、ふんだんに使用していて、カコイイですね。コード進行は、KeyをDと考えると、最初が、IVM7-III7-VIm9となりますが、メジャー7thコードから、半音下のセブンスコード、そして、ドミナントモーションで、マイナーコード(VIm9)へ進むというのは、Isn't She Lovelyが思い浮かぶ進行です。続いて次の、Vm9 - I7 は、頭のコード(IV)に向かう、ツー・ファイブ・ワンです。あとで気がついたのですが、Just the Two of Usの進行ですね。サビは、ツー・ファイブ・ワンの後が、VI7ですが、IImからみると、セカンダリー・ドミナントですね。1998年4月生まれの20歳。歌もギターも上手いですが、ロス生まれの帰国子女だけあって、英語の発音もいいですね。

注)ダイアトニックコードのm(マイナー)は省略しています。
Key:Dと考えると
4 3Δ 6 (5m I(7th)), tensionは、4=M7th, 3Δは7th、6m, 5mは7th, 9th,

2 5 1 6Δ, tensionは、2は7th, 9th, 5は7th、1はM7th、6Δは、7th, b9th

歌詞+コード:
gakufu.gakki.me

www.youtube.com

www.youtube.com

youtu.be

alright

alright

  • 竹内アンナ
  • J-Pop
  • ¥250

takeuchianna.com


男声cover:
www.youtube.com