コード進行のお勉強ノート

コード進行を度数(ディグリー)にして自己学習中。

プリーズ・ミスター・ポストマン (Please Mister Postman)

コード進行は、Doo-wop 進行(50S 進行)こと、1645進行。僕は、中学の時、Beatlesのカバーでこの曲を知りましたが、カーペンターズや原曲、ア・カペラもいいですね。

www.cifraclub.com

Kids かわいすぎ!!
www.youtube.com

原曲(Marvelettes;1961年)
www.youtube.com

ビートルズ(1963年):
www.youtube.com

カーペンタンズ(1975):
www.youtube.com

アカペラ:
www.youtube.com

The Saturdays:
www.youtube.com

ギター:
www.youtube.com

www.youtube.com

Please Mr. Postman

Please Mr. Postman

music.apple.com

ダイアナ (Diana) / ポール・アンカ

コード進行は、Doo-wop 進行(50S 進行)こと、1645進行です。サビは、IV - IVm - I - I, IV - IVm - V - V, 1957年にポール・アンカが作詞作曲し、同年録音。日本では、当時ロカビリーブームの時代で、平尾昌章さんが、1958年カバーし、年間17位、山下敬二郎が、1960年カバーし、年間23位のヒットとのこと。

www.cifraclub.com

1958年間シングルヒット曲(昭和33年)【PRiVATE LiFE】年間ランキング

1960年間シングルヒット曲(昭和35年)【PRiVATE LiFE】年間ランキング

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

Diana (Remastered)

Diana (Remastered)

music.apple.com

Wave / アントニオ・カルロス・ジョビン (その14)

英語の歌詞では、The fundamental loneliness goes whenever two can dream a dream together.「どんなときも 二人で共に夢を描けば、人が抱える深い寂しさは、消え去るものさ」が、繰り返し出てきます。二人というのは恋人同士を意味しますが、二人を、友人や家族や仲間に置き換えて考えても面白いです。誰かと同じ目標を共有することの大切さを教えてくれているようです。

Wave (feat. Antônio Carlos Jobim)

Wave (feat. Antônio Carlos Jobim)

music.apple.com

Bom serviço!!(ボン・セルヴィーソ)

50歳になりまして、仕事をするにしても、遊ぶにせよ、体が持たないと感じることが多くなってきました。「仕事遅くまでお疲れ様ですね」という何気ない一言が、とてもありがたく感じたり、「(パパ)お仕事頑張ってね」と、娘が昔書いてくれたお守りが、とても嬉しく感じる今日この頃です。そんな中、ベースのT氏から、バンド名に、Bom serviço!!(ボン・セルヴィーソ)なんかは、どう?という提案があり、ユニット名が決定しました。
Bom serviço!!(ボン・セルヴィーソ)は、ポルトガル語で、「お疲れ様です」とか、「お仕事頑張ってね」の意味。こういう暖かい一言を、お互いかけあうことが、大切なんじゃないかなって思いました。


www.porgoru.com

ンセルソ Boとviにアクセントのようです。良い仕事を。主に午前中で相手がまだ仕事中に使うとのこと。
plaza.rakuten.co.jp

バンド名

バンド名を、どうやって決めるか、いつも悩みます。こんなのまで、調べたらいろいろありました。便利な世の中です。

tokyo-indie-band.com

band-beginner.com

www.shellbys.com

band.studiorag.com

www.3on3live.biz

https://media.muevo.jp/articles/2772

リズムキープ

当日ドラムがいないと、リズムキープが難しい場合があります。日頃の練習の積み重ねが大切なんでしょうけど、本番は緊張で、走ってしまいそうですし、最初から速いテンポで開始してしまう恐れもあります。せめて、曲の始まりのテンポを間違えないように、本番に(音出さずに)メトロノーム使う手もあるかな。使いこなせればですが、ルーパーを使うという手もあるんですね。

www.ones-will.com

www.music-ability-plan.jp

www.music-ability-plan.jp

yukbass.com

lunes1987.com

hirumangt.com

hirumangt.com

www.youtube.com

www.youtube.com

masatomy.com

リズムキープに絶大な効果を発揮する練習方法 | FightingDog's Guitar Room

chord4me.info

https://ascii.jp/elem/000/000/825/825968/

liveBPM - Beat Detector

liveBPM - Beat Detector

  • Daniel Bach
  • ミュージック
  • ¥480

https://static.roland.com/assets/images/products/main/db30_main.jpg

ライブのリハーサル

リハーサルの時間って短いので、リハーサルの目的は何かをよく考えて、その時にすべきことを、あらかじめ、チェックリストにして準備しておかないと、失敗することが、ありますね。PAの人がいても大変だけど、PAの人がいなければ、なおさらです。

mnb-y.com

www.eys-musicschool.com

www.bassnana.net

band.studiorag.com

www.riyu-haru.com

www.3on3live.biz